館長メッセージ興動館

 「学ぶ」ことの真の目的は「知識を得ること」だけではないはずです。「学ぶ」ということは、「行動」を起こすための準備ではないでしょうか。
 皆さんが広島経済大学のどの学科で学ぼうと、卒業するときには「ゼロから立ち上げる」興動人として社会に雄飛できるよう、本学には、基礎知識開発(講義)、プレゼンテーション能力開発(ゼミナール)、人間力開発(興動館教育)という「3つの教育プログラム」が用意されています。
 偏差値社会が肥大化してしまった今日、多くの若者たちが意識するしないに拘わらず
「人から言われてはじめて動く“待ち”人間」
になってはいないでしょうか。変化の激しい不透明な時代、社会が求めているのはそのような人間ではないはずです。時代は今こそ
「ゼロから立ち上げる」興動人
を求めています。では、「ゼロから立ち上げる」興動人とはどのような人材でしょうか。既成概念にとらわれることなく、ゼロからものごとを考え、失敗を恐れず、他者と協働して
「何か」を成し遂げる
ことのできる人材です。
 皆さんは卒業後、厳しい実社会に立ち向かい、自分自身の力で人生を切り拓いていかなければなりませんが、「ゼロから立ち上げる」興動人であってこそ、真の意味で充実した実り多い人生を生きていけるのではないでしょうか。
 次代を担うパワーを身につけるため、日本の大学では前例を見ないチャレンジ空間
「興動館」
で青春の汗と涙を流してみませんか。

学校法人石田学園 理事長
広島経済大学 興動館 館長
石田 恒夫