「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > キャンパスライフ > 国際交流・留学 > ランゲージパートナーとは

ランゲージパートナーとは/広島経済大学


外国人留学生と友達になりませんか?

ランゲージパートナー

ランゲージパートナーは、本学に在籍する外国人留学生の日本語学習を支援するボランティア制度。難しい文法を教える必要はありません。日本人学生にとっては、普段の生活の中で留学生を支援し、異文化の理解にも役立つ絶好の機会。まずは友達から…。
興味のある方は国際教育交流センターまで気軽にどうぞ!

留学生は日本語の支援を求めています。

現在、在籍中の留学生の国籍は、中国、韓国、ベトナム、インドネシア、ポーランド、フランス、ブラジル、台湾、モロッコの9カ国。このうち正規生と研究生は日本語能力が比較的高いのですが、論文やレポートなどを作成する際には日本語の支援が必要です。また。授業を英語で受けている交換留学生の場合は、日本語に不慣れな人がほとんど。そのため、日常会話レベルの支援が求められています。

勉強以外の交流もお勧めです。

ランゲージパートナーに登録すると、お互いの希望する時間などに基づいてパートナーとなる留学生を紹介されます。パートナーとは週に1時間程度、日本語の勉強を手伝ったり、日本語で会話をしたりしましょう。教え方やテキストについては日本語教員が適切にアドバイスし、進み具合や教え方も学習内容報告書でチェックするので安心です。日本語の学習だけでなく、スポーツや食事、買い物などに出かけて交流を深めるのもよいでしょう。大学祭、スポーツ大会、歓送迎会など、本学では留学生を対象とした交流事業も盛んに開催されているので、一緒に参加してはいかが?

ボランティア期間は6カ月が基本です。

交換留学生は、ほとんどが6カ月間の滞在。正規生は4年間の在籍です。ボランティアの期間は原則として6カ月間ですが、留学生と相談の上で1年間まで延長することができます。

募集要項

  • 募集:4月・9月(年2回)
  • 応募先:国際教育交流センター
  • 応募資格:本学の学生なら誰でも可能。語学能力などは問いません。
  • 期間:6カ月