「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 大学案内 > カリキュラムポリシー

カリキュラムポリシー


ディプロマポリシーに掲げた学士力を育成するため、すべての授業科目を、学習領域を示す「共通科目」「学科科目」「ゼミ科目」「キャリア科目」「能力開発科目」「興動館科目」という6分野に分類し、さらに履修順序及び難易度を示す「入門」「基礎」「発展・応用」という段階にわけて配置しています。
学生には、所属学科の専門科目を学習させる一方で、学科の枠を越えた科目の履修を認めるなど選択の自由を高めて学生の興味・関心の広がりを大切にし、めまぐるしく変化する時代のニーズに応えられる人材の育成を目指しています。 
 

(1)専門分野の知識と応用力

経済学科

経済学科の教育課程は、前文の基本方針のもと、経済学の理論、歴史、政策、財政、金融など、幅広い経済学の基礎知識を習得させることによって、論理的思考能力、現状分析能力、政策提言能力、企画提案能力を開発することを目的として編成されています。

経営学科
 
経営学科の教育課程は、前文の基本方針のもと、経営学の体系を「マネジメント系」「アカウンティング系」「マーケティング系」という3つの科目群に分け、各々の基礎知識を習得させると共に、経営に関する実務的かつ実践的な能力を開発することを目的として編成されています。

ビジネス情報学科
 
ビジネス情報学科の教育課程は、前文の基本方針のもと、「ビジネス」「情報」「ビジネス情報演習」という3つの科目群を開設し、ビジネスにおける情報の活用に関する基礎知識を習得させると共に、演習科目群を通して実務能力を磨き、最先端のビジネスと高度情報社会に適合できる能力を開発することを目的として編成されています。

メディアビジネス学科
 
メディアビジネス学科の教育課程は、前文の基本方針のもと、「ビジネス」「メディア・IT」という2つの科目群を開設し、ビジネスのツールとしての「メディア」と「IT」に関する基礎知識を習得させ、高度情報ネットワーク社会の中で、メディアをビジネスに戦略的に活用できる能力を開発することを目的として編成されています。

スポーツ経営学科

 スポーツ経営学科の教育課程は、前文の基本方針のもと、「経済・経営関連」「スポーツ関連」「実験・実習・演習」という3つの科目群を開設し、スポーツと経営学に関する基礎知識を習得させると共に、実験・実習・演習科目群を通して実務能力を磨き、スポーツをビジネスの視点から理解し、スポーツビジネスを実践的に運営できる能力を開発することを目的として編成されています。

(2)教養豊かな人間力
 
豊かな人間力は、幅広い教養、高い実践力、行動力および協調性に支えられています。本学では、前文の基本方針のもと、幅広い教養を身につけるための共通科目を配置、さらに、プレゼンテーション能力を育成するためのゼミ科目、及び、行動力や協調性を育成するための興動館科目を配置し、少人数教育を実施しています。また、実践力を育成するためにキャリア科目や能力開発科目など多彩な科目を配置し、教養豊かな人間力の開発を目指しています。