「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > よくあるご質問

よくあるご質問/広島経済大学


授業や成績・卒業について

Q. アルバイトと勉強との両立は大丈夫でしょうか?
A. アルバイトをすることが、すべて学修の妨げになるとはいえません。
しかし、アルバイトの方法によっては、学業不振、留年、退学につながる要因として最も多いものであることは間違いありません。
職種、時間帯、時期、この3つの条件次第ですが、時期的には平日の場合3時間程度、土曜・日曜日又は夏・冬・春の休暇中に行うようにするのが望ましいでしょう。
Q. コンピューター等の授業はありますか?
A. 本学には、平成9年度に日本でも有数のATM・LAN(ネットワーク)が導入され、すべての学科において情報入門科目が用意されています。特にビジネス情報学科の授業科目を中心に、コンピュータ言語、グラフィックス、ネットワーク、その他実践的な情報処理実習科目が用意されており、ビジネス情報学科以外の学生でも授業を受けることが可能となっています。
Q. 今後の勉強の仕方のアドバイスについて
A. 基本的には計画的な履修(時間割編成)を行い、授業に積極的に出席することが大切です。
計画の中には、卒業要件(条件)、自分自身が興味ある科目の受講、課外活動(サークル活動、各種資格取得講座受講)など諸条件を盛り込んでいくことが重要です。
授業では、ノートをとり、積極的に質問を行うこと、時には教員の研究室を訪ねてみるのも大変プラスになると思います。
とにかく、興味と目的に応じた科目を選択して取り組んでいくことがよいと思います。
Q. 休講の情報を早く知ることはできないのでしょうか?
A. 担当教員から教務課に連絡が入ったものは、即時にお知らせ情報(Web及び情報パネル)に掲載します。しかし、中には当日になって(担当教員の病気・怪我など)急に連絡の入るものも少なくありません。
学生の皆さんは、必要に応じてお知らせ情報(Web)を確認するか、大学に出校したときは必ず朝夕2回情報パネルを確認してください。
Q. 出席状況を知りたいのですが?
A. 出席管理責任は、基本的には科目の担当教員にあります。学生は担当教員に確認してください。
コンピュータ処理による出席調査を実施されている科目については、当年度内に限って教務課で出席状況が確認できるものもあります(保護者のみ確認できます)。
Q. 卒業するためには、何単位必要ですか?
A. 124単位が必要です。必要単位数のほか、科目修得の条件がありますので注意してください。
Q. 大学での授業の様子はどうでしょうか?
A. 大学では、学生が自分で科目を選択し、それぞれの授業が行われる教室へ行って受講するため、20~30人程度の「入門ゼミ」「演習」といった小人数科目、100人程度の語学を中心とした科目、パソコン実習室を利用しての実習科目、また400~500人の受講生数で大教室を利用しての科目と授業の様子はさまざまです。
経済学、経営学の全域にわたる充実した授業科目(カリキュラム)と教授陣のもと、入門・基礎的な学修から、専門分野の実践理論まで広く学生個々の関心にあわせて学修できるようになっています。
Q. 成績がとれているのか心配です。
A. 「成績表」の中で、「卒業要件」と「修得単位」の欄を比較してください。
Q. 成績通知の時期は、いつ頃ですか?
A. 成績発表の時期
前期・・・・・・・ 9月中旬 後期・・・・・・・ 3月中旬
※保護者の皆様には、郵送でお知らせします。
※学生は同時期からWebで「成績表」の確認ができます。
Q. 自分の成績順位が分かりますか?
A. 学生、保護者には公表していません。
Q. 進級するためには、何単位必要ですか?
A. 本学では現在、進級に関する制限・規程は設けられていません。
Q. 1年で単位を落とした場合の単位取得方法を教えてください。
A. この場合の方法を再履修登録といいます。
翌年度において、当該科目又は当該科目の再履修クラスを再度履修する。この場合履修単位は、年間履修単位の制限内で履修しなければなりません。
2年次からの履修については、この他にも注意点が多くありますので、気を付ける必要があります。
Q. 1年間に何単位取得すればよいのでしょうか?
A. 1年間の時間割編成(履修)単位には、制限が設けられています。
1年次は40単位、2年次から4年次はそれぞれ48単位までとなっています。
1年間の平均修得単位(再履修単位を含む)としては、おおよそ8割程度修得すればよいでしょう。

学業をサポートする各種制度について

Q. 5年プログラムについて知りたいのですが
A. 学部4年次に大学院の科目を先取り履修することで、大学院での研究期間を1年に短縮(前期課程は通常2年)。合計5年で「経済学修士号」が取得できる画期的なシステムです。
学部との5年プログラムのページはこちら
Q. 早期卒業について知りたいのですが
A. 早期(3年間で)に大学を卒業して日本あるいは海外の大学院へ進学すること、あるいは就職するなど社会で活躍できるように配慮した制度です。
早期卒業制度のページはこちら

課外講座・資格取得について

Q. どんな教員免許が取得できますか
A. 本学では学科によって取得できる教育職員免許状が異なります。
教育職員免許状のページはこちら
Q. 課外講座の開講状況はどうしたら確認できますか?
A. 詳細はこちらをクリックして下さい。
Q. 資格を取得したいのですが
A. 本学では通常の授業と課外講座の連携によって資格取得を支援するカリキュラムがあります。
能力開発科目・資格取得のページはこちら

サークルについて

Q. どんなサークルがありますか
A. 本ウェブサイトの「サークル活動」を参照してください。
また、学生生活の手引きにも一覧が掲載されています。

サークル一覧はこちら
Q. サークルで試合、遠征、合宿、イベントを行うときは
A. 学生課に「遠征届」「行事集会開催願」「合宿届」等の提出をしてください。また本ウェブサイト「サークル活動」ページからも用紙をプリントアウトできます。
Q. サークルに入りたい
A. 本ウェブサイト「サークル活動」、学生生活の手引きの活動場所や部室を参考にし、直接訪ねてください。
また、4月には各サークルが中庭で勧誘をしています。
Q. 新しいサークルを結成したい
A. 申請条件として
・5人以上の部員がいること
・本学専任教職員が顧問として就くこと
・明確な活動目的があること
があります。
詳しくは学生生活の手引きまたは本ウェブサイト「サークル活動-活動に関する各種届出」を参考にしてください。

駐輪場について

Q. バイク通学をしたい
A. 自動証明書発行機で申請用紙を発行し、学生課へ申請してください。
交通安全講習会、実技講習会の受講が必要です。
交通安全講習会、実技講習会の実施については掲示板等でお知らせします。
Q. 自転車通学をしたい
A. 自動証明書発行機で申請用紙を発行し、学生課へ申請してください。
登録ステッカーを発行します。

奨学金について

Q. 奨学金を受けたい
A. 募集については学内掲示板で掲示します。
詳細はこちらをクリックして下さい。

下宿について

Q. 宿舎の紹介を受けたい
A. 本学学生を対象としたアパート・下宿等の紹介冊子を配布しますので、各自掲載されている不動産業者に問い合わせてください。また、本ウェブサイト内にある「下宿紹介」も活用してください。
(入学予定の方には合格通知に同封しています。)

その他学生生活について

Q. JRの学割を取りたい
A. 学生課前に学割自動発行機があります。(学生証必要)
Q. アルバイトの紹介を受けたい
A. 学生課前にある「アルバイト紹介ファイル」を見てください。
Q. 住所や電話番号が変わった
A. ポータルサイトHUE NAVIの「学籍情報登録」から各自で登録変更をしてください。
Q. 学内で忘れ物をした
A. 落とし物は学生課へ届きますので、学生課へ問い合わせて下さい。
Q. 学生証を紛失・破損した
A. 自動証明書発行機で「学生証再発行交付願」(1,000円)を発行し、学生課へ提出してください。(翌日発行)
Q. 試験時に学生証を忘れた
A. 学生課で仮学生証の交付を受けてください。(当該試験中1回のみ)
Q. 通学定期券を購入したい
A. 学生課で通学証明書(1年間有効)を発行します。証明書を持って各交通機関窓口で購入してください。
詳細はこちらをクリックして下さい。
Q. 運動用具を借りたい
A. 学生課で貸し出しをしています。(学生証持参)
貸し出し用具はサッカーボール、ソフトボール、軟式野球、バドミントン、硬式テニス、バレーボール、ソフトバレーボール、フリスビー、ドッチビーです。
学内での使用、窓口受付時間に限ります。

広島経済大学経済学会について

Q. 学会員にはどうしたらなれるのですか?
A. HUEの教員と学生に会員資格があります。
詳細はこちらをクリックして下さい。
Q. 学生会員の特典は何ですか? 
A. 機関誌(2誌)の配付や学会主催の講演会やシンポジウムに参加できます。
詳細はこちらをクリックして下さい。
Q. 機関誌『研究論集』を入手したいのですが?
A. 会員には在庫がある限りお渡しします。
詳細はこちらをクリックして下さい。