「ゼロから立ち上げる」興動人を育てます
HOME > 学部・大学院 > スポーツ経営学科 > カリキュラム

カリキュラム/スポーツ経営学科



※平成29年度カリキュラムについては、6月に公開予定です。
  科目名 授業題目
入門科目 経済入門 くらしと経済
経営入門 ビジネスの世界で働く
スポーツ経営入門  ビジネスの視点でスポーツを科学する
簿記3級I  日商3級の前半(簿記の意義から商品売買取引の仕訳まで)
基礎科目 スポーツ文化論  文化としてのスポーツを検討する
スポーツ経営学  スポーツをマネジメントすることとは
スポーツ産業論  スポーツの本質を活かす産業とは
スポーツマーケティング論  スポーツをプロデュースする
スポーツ英語  世界のスポーツを英語で探ろう!
経営学 組織体の適正な運営について学ぶ
マーケティング論基礎  便利な生活を支える仕組み
会計学基礎 財務会計で企業活動を描写する
経済学基礎 経済学の視点と基礎理論
経済政策論基礎 市場経済における経済政策の目標と手段に関する基礎知識
International Sport Affairs(世界のスポーツ状況)  Let's understand the world by and through Sports(スポーツを通して世界を捉えましょう)
Issues of Japanese Sports(日本のスポーツ状況)  Let's understand Japan by and through Sports(スポーツを通して日本を捉えましょう)
発展・応用科目 科目名 授業題目
経済・経営関連科目 コミュニティビジネス論  地域を拠点としたクラブ経営の基礎知識
イベント論  イベントは社会を元気にする
スポーツファイナンス論  財政基盤の重要性を学ぶ
プロスポーツ論 プロスポーツはスポーツ文化の開拓者 
プロスポーツ経営実践 プロスポーツクラブ(球団)の経営とプロスポーツの文化的価値 
スポーツ組織論  個人と組織の関係、組織が抱える問題を探る
スポーツジャーナリズム論 スポーツ報道の仕組みを読み解く
スポーツメディア論  スポーツを伝える構造・機能を理解する
産業組織論 企業行動と産業政策の成果を学ぶ
国際経済学  貿易と投資の理論と実証
スポーツ統計  スポーツをデータで分析する
アジア経済  アジア太平洋地域における日本の役割
アメリカ経済  経済理論で学ぶアメリカ経済事情
スポーツ経済論  スポーツの生産・分配・消費及び人々の社会関係に与える影響を考える
組織マネジメント論  組織によるマネジメント
経営戦略論  企業の長期的な方向性の指針と意思決定の基準
財務会計論 ※  財務会計ルールを考える
経営分析論  企業経営の健康診断
管理会計論  企業活動への会計情報の活用
スポーツ関連科目 スポーツ社会学  社会とスポーツの繋がりを考える
地域スポーツ論  地域コミュニティとスポーツ
スポーツコーチング論  指導力と競技力アップのコーチング
スポーツトレーニング論  トレーニングによる身体の変化と適応
スポーツ心理学  現場で使える基礎から学ぶスポーツ心理学
スポーツ生理学  科学的なトレーニング法、パワーアップ法
スポーツバイオメカニクス  身体運動の仕組み
スポーツ医学  知っておきたいスポーツ医科学基礎知識
スポーツ栄養学  スポーツのための栄養と食事
スポーツトレーナー論  スポーツや運動におけるトレーナーの職務
救急処置法  緊急時に対応できる技術と知識
健康運動プログラム論  健康作りのための運動処方
レクリエーションスポーツ論  楽しみを科学する
スポーツ施設マネジメント スポーツ施設の維持管理・役割を学ぶ
実験・実習・演習 スポーツ指導法演習  基礎技術および指導法の習得
スポーツトレーニング実習  各種トレーニング法の習得
スポーツ生理学実験  理論や仮説が正しいかどうかを実験により確かめる
スポーツトレーナー実習  体力向上と障害予防の為のトレーニング実践
レクリエーションスポーツ実習I(ゲーム)  楽しさ・心地よさを活かす支援技術を学ぶ
レクリエーションスポーツ実習II(キャンプ)  キャンプを体験しプログラムをマネジメントする
レクリエーションスポーツ実習III(スノー)  スノープログラムの体験
地域スポーツ貢献演習  地域のスポーツに貢献しよう
スポーツビジネス演習I  企業研修のための準備となる事前学習
スポーツビジネス演習II  企業研修を通じてスポーツビジネスの理解を深める
スポーツマネジメント演習  スポーツ関連イベントの企画・実践
スポーツビジネス視察I(国内) 国内スポーツビジネスの「今」を視察する
スポーツビジネス視察II(海外) 海外スポーツビジネス最先端の現場を視察する

   ※平成27年度開講なし

   注)平成28年度カリキュラムは一部変更になる可能性があります。