スポーツ経営学科Department of Sport Business Administration

スポーツ経営学科イメージ

理論と実践の融合により、幅広く活躍する人材を育成します。

スポーツの可能性とビジネスの仕組みをバランスよく理解し、社会で活躍できる「スポーツのわかるビジネスパーソン」を育成していきます。そのため、この学科のカリキュラムは、経済学の基礎知識を背景として、経営学と体育学を複合的に学ぶことができる特色を備えています。また企画力、行動力ある人材の輩出を目指して、より効果的で実践的な教育が行えるよう、理論教育にかたよることなく、スポーツ関連企業や団体の現場等での体験教育も積極的に取り入れています。

修得可能学位: 学士(スポーツ経営学)

取得可能な資格

・レクリエーション・インストラクター
・スポーツリーダー
・アシスタントマネジャー
・体育施設管理士 ほか

目指す進路

・スポーツイベントの企画・運営
・スポーツクラブ経営
・スポーツジャーナリスト
・スポーツ用品開発・販売 ほか

スポーツ経営学科の学びのポイント

1 スポーツ関連の現場における実践的体験教育。

Jリーグのビッグクラブなどスポーツビジネス界の第一線でキャリアを積んだ教員による指導をはじめ、実践を重視したカリキュラムを編成。スポーツ組織・団体の経営や、スポーツイベントのプログラムの企画・立案ができる人材を養成するため、スポーツやイベントの現場に出向く体験型研修の充実を図っています。

2 将来志望する職種に欠かせない資格取得を支援。

コミュニティスポーツの現場では、運動・スポーツ指導を安全に遂行するための知識・実践能力を身につけることが求められます。また、将来進みたい職種ごとに、取得しておくとよい資格があります。本学科では、社会に出て活かせる資格取得を目指す学生を充実したカリキュラムで支援しています。

スポーツ経営学科トピックス

プロサッカーチーム開催のスクールを支援

本学総合グラウンドサッカー場で、マンチェスター・ユナイテッド・サッカースクールが開催され、スポーツ経営学科の約20名の学生が、受付、グループ担当など運営をサポート。スポーツマネジメントの最前線を体験し、世界へと視野を広げました。

2年次から社会に出て職業体験

スポーツ関連企業や団体で実際にインターンシップをしながら、働く意味を探る「スポーツビジネス演習」。総まとめとして、学内外の人たちの前で成果発表も行います。2年次から実社会の一端に触れることは職業選択意識をもつことにもつながり、将来の就職活動にも役立つ経験となっています。

教員からのメッセージ

結果を導くのは「一瞬の判断力」。それを身につけて欲しい。

藤口 光紀 教授(実業界出身の先生)
(元サッカー日本代表、前職 浦和レッドダイヤモンズ代表)

スポーツには無限の可能性があります。私自身、サッカー選手としてはもちろん、アマチュア時代のリーグ運営からJリーグの立ち上げ、クラブチームの運営、サッカー界全体の発展など、マネジメントに携わるなかでさまざまなことを学びました。これからスポーツがビジネスとして定着するうえでは、利益を上げることは必要不可欠ですが、それだけでは足りません。本当の意味で発展するには、「地域のアイデンティティとなれる」「地域に愛される」そういう存在になれるようにマネジメントする視点、判断力、行動力が大切です。とはいえ、難しく考える必要はありません。スポーツを通じて幸せな社会をつくりたいという志があればNo problem。私と一緒に、自然体で楽しく学びながら、スポーツのあるべき姿を追究しましょう。

担当科目
・プロスポーツ経営実践
・スポーツビジネス演習Ⅰ・Ⅱ ほか

研究テーマ・専攻
・スポーツでまちづくり
・スポーツでひとづくり

興動人Voice -学生の声-