履修モデルと進路例メディアビジネス学科

履修モデルと目標とする進路

(1) ビジネスコミュニケーション型

最先端のメディアの活用方法を学び、ビジネス戦略などを学習。広告・宣伝・広報部門で活躍するスペシャリストに。
さまざまなビジネスにおける最先端メディアの効果的な活用法を考案できる知識やスキルの習得を目指します。メディア産業の現状や課題、メディアの多様化に対応したビジネス戦略などを学習。将来の仕事に直結する知識やノウハウを育むとともに、多様なメディアを駆使した戦略的マーケティングを構築する能力や相手のニーズを巧みに引き出すビジネスコミュニケーション能力を養います。

目標進路

情報通信産業、金融業、卸売・小売業、メーカーなどの広告・宣伝・広報といった部門で、メディアを活用した新たなビジネス戦略を立てられるスペシャリストに。その他、広告・マスコミ関連の企業でクリエイターを目指す道もあります。

(2)メディアプロデュース型

デジタルメディアをはじめとするコンテンツ制作を体験。多岐にわたるメディアの最前線で活躍できる人材を育成します。
デジタルメディアをツールとして使いこなす力や企画立案能力を、実習を通じて養います。少人数ゼミによる表現実習では、映像・音声メディアの特性と効果を把握し、ストーリーを的確に伝えたりインパクトのある編集ができる表現力を育てます。また、メディア・IT科目の授業では、制作したコンテンツをインターネットで発信するプロデュース能力を育成。さまざまな実習を通じ、機材の操作方法などもマスターします。

目標進路

TVやラジオの番組制作からCM制作、アナウンサーやリポーター、出版物の編集者まで、多岐に渡る分野の最前線で活躍できる人材に。ほかにも、教育、文化、エンターテインメントなどの分野で、メディアコンテンツの開発や企画制作を行う制作者も考えられます。

積極的に行動すること、それが夢を叶えるきっかけになります。

(株)エフエム愛媛
砂川 伸夫さん
メディアビジネス学科2015年3月卒業
愛媛県・伯方高校出身

子どもの頃から夢であったラジオパーソナリティになるために、実業界出身の教員がいることと施設が充実していたことが決め手でメディアビジネス学科を選びました。現在は(株)エフエム愛媛の番組パーソナリティや番組内の企画で愛媛県内の中高生へ向けて、お昼の校内放送を精力的に行っています。愛媛県の皆さまにラジオの面白さを知ってもらうと同時に、リスナーの輪を拡げていき、その輪をつなげていきたいと思っています。「これがやってみたい」ということが見つかったら、周りの先生や職員の方々がサポートしてくださるので、積極的に行動することが自分の夢を掴み取ることにつながる良い方法だと思います。仲間と刺激し合いながら、高いモチベーションを保ち、ぜひ夢を叶えてください。

授業や実習で培った知識やスキルをもとに、試行錯誤の毎日です。

山口朝日放送(株)
竹本 和仁さん
メディアビジネス学科2009年3月卒業
山口県・宇部商業高校出身

朝の情報番組のディレクターを務めています。グルメやお出かけスポットなど生活に密着した情報を集め、ロケに行き、集めた素材を編集し視聴者の皆さまに提示しています。心掛けているのは、できるだけわかりやすく伝えるということ。日々、試行錯誤を繰り返しています。もともとテレビ業界を志望しており、メディアビジネス学科に入学。自分の考えを伝えるノウハウを実践のなかで学ぶ授業や、最先端の機材で映像作品の制作に取り組む実習で身につけた知識やスキルは、現場でとても役立っています。また、興動館プロジェクトの活動やサークルで培った「何事にもチャレンジする姿勢」は、自らの足で情報を集め、それを視聴者に伝えるディレクターとしての仕事の土台となっています。