メディアビジネス学科Department of Media Business

メディアビジネス学科イメージ

メディアとビジネスの最前線で活躍するための能力を育成します。

より高精細な4K・8Kテレビ放送の開始やAR(拡張現実)といった新映像手法の導入、インターネットの普及、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の一般化など、デジタル技術の発展は放送、出版や広告などの可能性を大きく広げています。より豊かなコミュニケーションを可能にするメディアのあり方を考え、映像や音楽、出版物などのデザインやコンテンツなどの制作、企業におけるメディア戦略など、ビジネスとメディアに多角的な視点からアプローチ。そして、新しい技術を活かせるクリエイティブ能力やプロデュース能力を養います。

修得可能学位: 学士(経済学)

取得可能な資格

・マルチメディア検定 ほか

目指す進路

・企業の広報・宣伝部門
・エンターテインメント産業
・教育・文化産業
・放送・出版・広告などメディア産業
・Webクリエイター
・PRプランナー ほか

メディアビジネス学科の学びのポイント

1 メディアを使いこなしビジネスへ応用する。

メディア業界に限らず、一般企業においても、優れた企画・宣伝・広告・デザインを実現できる広告・広報部門を担うビジネスパーソンが求められています。そのためには「メディアを使いこなす力」が欠かせません。ビジネスで最先端メディアを効果的に活用するための知識およびスキルを身につけます。

2 メディアコンテンツ制作をするための知識・技能を習得する。

メディアをツールとして使いこなす力や企画立案能力を養成し、多岐にわたるメディアの最前線で活躍できる人材を育成します。メディアコンテンツ制作の拠点となる「メディア情報センター」の最先端デジタル放送施設や超高速の通信設備など、整った施設を活用した実践的教育が行われています。

メディアビジネス学科トピックス

ドキュメンタリー映画作品が晴れの受賞

1年次の「映像制作基礎」と「映像編集」から始まり、映像について段階を追って学ぶことができます。德永ゼミでは、3年次に本格的なドキュメンタリー映画制作に取り組み、「地方の時代」映像祭、東京映像フェスティバルなどのコンクールで受賞しました。

新商品のプロモーション企画を体験(産学連携)

林ゼミは、大正製薬(株)からの依頼を受け、若者向け新商品のプロモーションを企画。「いかにアピールするか」をテーマに立案し、プレゼンテーションを行いました。広告プランナーやスポンサーからの批評を受け、本番さながらの広告マーケティングを実体験しました。

教員からのメッセージ

常識を疑い、自分で考えることを意識してほしい。

北野 尚人 教授(実業界出身の先生)
(前職(株)博報堂)

「広告は時代を映す鏡である」と言われ、その時代のトレンドや人々の気分を代弁する役割があります。そのため、広告からは多くのことを学ぶことができ、上手に接することで「発想力」を育むことも可能です。優れた広告にはさまざまな工夫が施されており、モノの見方の訓練になり、新しい発想を磨くきっかけになります。広告を学ぶ際は、いわゆる「常識」を疑い、自分で考えることを意識することが大切です。そして、皆さんの若い感性で、過去の常識が通用しないこれからの時代を切り拓いていきましょう。

担当科目
・広告論
・コピーライティング実践講座 ほか

研究テーマ・専攻
・広告
・コミュニケーション
・ブランディング
・マーケティング
・プロモーション
・広報
・地域活性化

興動人Voice -学生の声-