経営学科Department of Business Administration

経営学科イメージ

マネジメント、アカウンティング、マーケティングの理論と実践を学び即戦力を育成します。

経営学は購買、生産、販売といった企業活動の流れや、「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」という企業を構成する要素に関して、何をどうすればよいのかを研究する学問です。組織を動かす「マネジメント」、企業のお金の流れを管理する「アカウンティング(会計学)」、売れる仕組みを作る「マーケティング」の3つの分野を効率的に学びます。ビジネスの現場のニーズに応えたカリキュラムで、これからの社会に支持される新ビジネスの創造を目指す人材を育成します。

修得可能学位: 学士(経済学)

取得可能な資格

・高等学校教諭一種免許状(商業)
・簿記関係資格
・ファイナンシャル・プランナー
・販売士 ほか

目指す進路

・企業の企画・販売・財務部門
・税理士、公認会計士
・マーケティングプランナー
・高等学校教員 ほか

経営学科の学びのポイント

1 実践的能力が身につく、実業界出身の教員による授業。

経済学や経営学などの理論を「現場で使える知識」として習得できるよう、豊富な現場の経験と実績を持つ実業界出身の教員を迎え入れています。実社会での経験に基づいた事例の紹介など、実感のともなう授業により、専門的な理論が社会でどのように機能しているかを具体的に理解することができます。

2 実社会で活躍できる、幅広い能力が身につく。

簿記、税理士などの各種資格の取得に結びつく講座を設置しているほか、社会に出て役立つ知識と能力が身につきます。卒業生は、企業の企画・販売・財務部門、税理士、公認会計士、マーケティングプランナーなど、幅広い分野で活躍しています。

経営学科トピックス

商店街の活性化を目指し夜市に出店(産学連携)

堀江ゼミ、山本ゼミが合同で、広島市内の商店街の方と協力し、「土曜夜市」への出店を実施しました。大学で学んだ「マーケティング」や「管理会計」などの経営学の知識を活用し、事業計画を立てる「企画力」や夜店を運営する「行動力」、顧客や商店街組合の方々との「コミュニケーション能力」の重要性を学びました。「計画(Plan)」と「実行(Do)」に加えて「検証(See)」しながら、商店街の活性化を図るため、産学が連携して取り組みました。

革新的なビジネスプランを立ち上げる

今、ビジネスパーソンに最も求められる能力のひとつに、ビジネスプランの作成能力があります。新たなビジネスを立ち上げ実行するためには、経営学の3つの領域「マネジメント」「アカウンティング」「マーケティング」に関する知識を理解し活用する力、ビジネスを成功させるために組織のメンバーを導くリーダーとしての力、社会の未来を考え、その発展に貢献する術を知る力が必要になります。経営学科では、さまざまなビジネスケースからなる課題を解きながら、ビジネスパーソンに求められる能力の向上を図ります。

教員からのメッセージ

ビジネスの主要な三分野がバランスよく学べます。

細井 謙一 教授

細井 謙一 教授

経営学科では、物の販売・流通にかかわるマーケティング分野、人や組織の管理・運営にかかわるマネジメント分野、企業の資金調達や資金の管理にかかわる会計・財務分野をバランスよく学びます。仕事をコントロールするためには、ビジネスの仕組みがわかっていなければなりません。本学の経営学科は、学生にとって身近で興味の持てる話題から自然とビジネスの世界が理解できるよう、実践的教育に力を入れています。ビジネスとは何かをきちんと理解し、自分の能力を十分に発揮できる社会人になってください。

担当科目
・流通システム論Ⅰ・Ⅱ
・マーケティング入門 ほか

研究テーマ・専攻
・企業間ネットワークにおける営業活動の役割

興動人Voice -学生の声-